会員専用ページ
ログイン
カテゴリー
ショッピングカートを見る
新着&おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
モバイルショップOPEN!!

下のQRコードを対応の携帯で読み込むと、モバイルショップのアドレスが表示されます。PCサイトと同じ商品点数を取り揃えてあります。

※一部の機種で使用できない場合がありますのでご了承ください。
営業日のご案内

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             


カレンダーの赤い日は定休日ですので、商品の発送は次の営業日となります。

rss atom 掘り出し物が見つかるショッピングモール カラメルに出店中

アマゾン出店中!
ホーム プラモデル 飛行機 High Planes
HPK72112 ダッソー ミラージュO 偵察型 RAAF (限定品) 1/72
ダッソーミラージュは、第二次大戦以降の新世代(〜サードジェネレーション)で最も成功したフランスのジェット戦闘機である。ミラージュIIIの試作型は、ミステール・デルタの拡大型であるフェアリー社のデルタ2(超音速実験機)として、1956年に初飛行に成功、後の1961年にフランス空軍に部隊配備された。

第2の主要なバージョン(ミラージュIIIE)は、それまで王立オーストラリア空軍が使用していた ロールスロイス・エイボン エンジンのCAC セイバー超音速機の代替機として採用を決定した。そのときエイボンエンジンは、RAAF(ロイヤル・オーストラリアン・エア・フォース)のキャンベラでも使用されていたため、ミラージュIIIEにも同形エンジンの使用を試みたが、結局RAAFの必要性に応じて機器の変更があったため、原型のSNECMA Atar (アター)9Cエンジンを使用した。最初の2機の試作型は、フランスで製造され、オーストラリア政府Aircraft Factory(GAF)に納品された。

1964年ミラージュIIIOは、ウィリアムタウンのRAAFサービスで、2つの軍事作戦部隊に配属され、最初の部隊は第75戦隊で、後に第76戦隊にも続いた。 1969年までに、75戦隊とその他3戦隊がミラージュを配備し、地上攻撃任務に就いた。

当時のオーストラリア国防軍の防衛戦略は、オーストラリア本土に対する脅威を管理するために、「前線防衛」『Forward Defence』を必要とした。 そのためRAAF部隊は、シアトー(東南アジア条約機構)とFPDA(五ヵ国防衛取極め)のもとにタイとマレーシアに配備した。 RAAFミラージュは、マレーシア・ペナン州にあるバターワース空軍基地を拠点に、時にはシンガポールもカバーした。

1984年に入ると、RAAFにF/A-18ホーネットが導入され始め、戦隊は徐々に新しいタイプに変わり始めた。 ミラージュIIIが最初に導入されてから24年後の1988年、最後の任務を第75戦隊が終え、ほぼ全ての機体はパキスタンに売却され、幾つかの機体が博物館に展示された。

このキットのデカールは、RAAFの永きにわたる運用で活躍した、飛行第75戦隊の部隊マーク2種と、飛行第76戦隊の部隊マーク1種から選択が可能です。

フルインジェクションキット(新金型・中国T社製)・クリアパーツ、カラーガイド、デカール、クリアレジン製機首パーツ付属!(限定品)

HPK72112 ダッソー ミラージュO 偵察型 RAAF (限定品) 1/72
型番 28972112
定価 5,616円(税416円)
販売価格

5,616円(税416円)

購入数

ゆうちょ銀行振込・ヤマト運輸代引き
ヤマト運輸 元払い&コレクト&メール便